就職、転職、派遣情報満載!求人情報・人材派遣・お仕事情報の事なら、エヌ・イー・エス

人材派遣とは、雇用主が実際に働く企業と異なるところが、正社員・契約社員などの直接雇用との大きな違いです。 一般的な派遣のワークスタイルをはじめ、さまざまなかたちの人材派遣システムについてご説明します。

  • 一般派遣
  • 紹介予定派遣
  • 特定派遣

一般派遣

一般派遣で働く場合は、正社員や契約社員のように就業先の企業と直接雇用契約が結ばれるのではなく、派遣スタッフと派遣会社との間で雇用契約が結ばれます。派遣スタッフと派遣会社との雇用関係は、就業先が決まった時点で初めて発生し、派遣契約の結ばれている期間のみ成立します。

派遣会社は、お仕事のご案内、就業条件の明示、給与の支払い、福利厚生、スキルアップ研修などの面で派遣スタッフをサポートします。派遣先企業は、派遣スタッフに対し実際の仕事にあたっての指示をします。

一般派遣のイメージ図

紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、派遣先企業に直接雇用されることを予定して一定期間派遣スタッフとして就業し、派遣スタッフと派遣先企業の双方に合意があれば、派遣契約期間終了後に正社員や契約社員などの直接雇用に切り替わる派遣システムです。

入社前に実際に働いて仕事内容や職場環境を見極めることができるので、ミスマッチなく就職することができます。

紹介予定派遣のイメージ図1

紹介予定派遣をご希望の旨をお伝えください。
派遣スタッフとして通常3ヶ月以上(最長6ヶ月)就業。

派遣期間の終了にあたって、双方が希望すれば、職業紹介を行います。

紹介予定派遣のイメージ図2

正式採用:派遣先企業と派遣スタッフの双方が合意すれば、正・契約社員として直接採用されます。

特定派遣

特定派遣とは、派遣就業しているときだけ雇用関係が発生するいわゆる「登録型派遣」と違い、労働者が派遣会社に正社員または契約社員として雇用され、配属先企業に常駐する形で業務をおこなう常用雇用型の派遣システムです。

配属先企業でのプロジェクトが終了しても雇用関係は続いているため、派遣会社の社員という立場のまま、次の配属先を探します。

特定派遣のイメージ図